貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
こわがりトミー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こわがりトミー

作・絵: クラウス・バウムガート
訳: いけだかよこ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こわがりトミー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

トミーは有名なこわがりやさん。長ぐつをはくのも、小さなクモも、夜トイレにいくのも、みーんなこわい。今日はトミーの誕生日。友だちが誰も来なかったら…とビクビクするトミーに、力強い味方がやってきます。〈しかけ付き〉

ベストレビュー

犬?

トミー少年はとにかく怖がりなのです。
そのエピソードが、なんともかわいらしいというか…。
でもお誕生日にあるプレゼントをもらったら、激変してしまうのですね。
確かに、味方が現れた感じですが、ラストで意外な事実が。
このあたりの、絵の運び方がうまいなあ、と思いました。
そう、トミー少年はやっぱりトミー少年なのです。
同じように怖がりのお子さんだったら、共感してもらえそうでしょうね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
(レイラさん 40代・ママ 男の子21歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クラウス・バウムガートさんのその他の作品

ローラのクリスマス / ローラのおほしさま

いけだかよこさんのその他の作品

こうもりくん / みんなぼくのもの! / ともだち / ヴァレンカのちいさな家



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

こわがりトミー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット