だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ

  • 絵本
作: グイド・ヴィスコンティ
絵: ビンバ・ランドマン
訳: せきぐち ともこ 石鍋 真澄
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いたずらずきなジャコモはレオナルド先生に叱られてばかり。共に過ごした26年間をレオナルドの功績を含め語る。


ベストレビュー

天才・ダ・ヴィンチ

今、伝記絵本を読んでいるのですが、短いストーリーの中に凝縮された人生が垣間見えて秀逸なものが多いというのを感じています。

この作品も伝記絵本の論文の中にあったのですが、読んでみてちりばめられているダ・ヴィンチの言葉一つひとつにうなずけるものがありました。

そして、やはりダ・ヴィンチは天才だったのだなあと思います。

その天才と一緒にいたのがジャコモで、その関係は『ジョコンダ夫人の肖像』でも読んだことがあり、再び『ジョコンダ夫人の肖像』の方も読んでみたくなりました。

伝記絵本というジャンル、大人向けに出されているのか?子ども向けなのか?わからないところがありますが、短編読物として読んでもおもしろいのではないかと思います。


(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビンバ・ランドマンさんのその他の作品

サン=テグジュペリと星の王子さま / ミケランジェロ / ラファエロ / オデュッセウスの旅 / シャガール わたしが画家になったわけ / ジョットという名の少年 羊がかなえてくれた夢



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

天才レオナルド・ダ・ヴィンチと少年ジャコモ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット