宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ずっとそばに・・・
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ずっとそばに・・・

作・絵: いもと ようこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784265069880

3才向き

出版社からの紹介

森の中で仲良く暮らしてきた動物たち。その森が人間によって開発されてしまいます。餌がなくなってきて、とうとうくまさんはみんなのかわりに里まで出ていくことに…

ベストレビュー

何度読んでも涙がこぼれます

可愛い絵の表紙を見て図書館で借りてきましたが、とても悲しい内容で涙がこぼれてきました。

息子が「どうしてみんな雪の中で寝てるの?」と聞いたのでくまさんが死んでしまって独りじゃ淋しいからみんながずーっと一緒にいてくれて天国で仲良く暮らすんやでって説明しました。

現代の悲しい現実を題材にされている内容の濃い作品だと思います。

人間が中心で世の中が発展している今だからこそ、もっと自然と一体になれる方法を考えて生活していこうと考えさせられました。
(若ゴボウさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

あかちゃんのためのえほん こんにちは / あかちゃんのためのえほん いただきます / おいもころころ / あかちゃんのためのえほん いない いない ばあ / あかちゃんのためのえほん どうぶつ / ありがとう



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ずっとそばに・・・

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット