おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
たったひとつの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たったひとつの

作・絵: えざきみつる
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「たったひとつの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784751525081

小学校中学年〜

出版社からの紹介

オオサンショウウオが、山の頂上で最後に見つけたものとは?奥能登の山中に暮らす魂の版画家、江崎 満が描く「生きること」の意味。

ベストレビュー

銀河を飲み込む?

たったひとつの・・・なんだろう。
変わった題名。不思議に思って借りてきました。

オオサンショウウオのツーさんは、
長い間、暗い穴ぐらでじっとしていたので、
生きているのか、死んでいるのか、自分でもわかりませんでした。

そんなツーさんが、アオガエルに教わった「シアワセ」を探しに、
勇気を出して、川を上りカラス山のてっぺん目指して旅にでます。

オオサンショウウオといえば、
地味〜な色合いのイメージしかありませんでしたが、
この絵には、驚かされました。

この絵本に出てくるオオサンショウウオといい、アオガエルといい、
なんともいえない肌色、肌触り、とても美しい。
躍動感があって、ツーさんが銀河を飲み込むシーンは、
なんて神秘的で美しいのかと、感動さえ覚えました。

生きているのか死んでいるのかわからなかったツーさんは、
一歩、自分の世界から抜け出すことによって、
出会いがあり、生きていることの驚きと感動を知り、
自分の可能性を見出し、そこから得た「シアワセ」。

地味〜なオオサンショウウオが、
とても愛おしく可愛い生き物に見えてきました。

小学校中学年くらいからおすすめ。
(多夢さん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

たったひとつの

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット