くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ちらかしぼうや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちらかしぼうや

  • 絵本
作・絵: ジャン・オームロッド
訳: ほしかわなつよ
出版社: 童話館出版

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちらかしぼうや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784887500747

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

我が家の「ちらかしむすめ」も愛おしく思えるようになった一冊。

片付けを教えるお父さんと、片っ端から散らかしていくぼうや。
最後はお父さんが諦めて初めから片付け直すよ、というお話。

我が家の1歳の娘と散らかし方がそっくりですが、なんとも言えない味のあるイラストのぼうやはなんだか愛らしい。
最後のページのお父さんはなんだか疲れ切ってしまっているようだけど、きっとぼうやの「ちらかし遊び」でさえも愛おしく思っているのだな、と思うと、途端に我が家の「ちらかしむすめ」も愛おしく思えてきました。

育児は長く続くけど、きっと終わってしまえばあっという間。
だからこそ、少しでもイライラをやめて楽しみたい。
そんなことを改めて感じさせられた一冊です。

でも、娘に読むときは「お片づけを邪魔する困ったぼうや」のお話として読みたいと思います。あくまでも。

いつか、「この子は散らかしてばっかりで仕方ないね」なんて感想が娘の口から出てくることを夢見ながら。
(かれこさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ジャン・オームロッドさんのその他の作品

ねんね

ほしかわなつよさんのその他の作品

あのこはどーこ? / あなたがうまれたせかい / おきるじかんよ! / はやい−おそい たかい−ひくい はんたいのほん / さいごのこいぬ / くんくん あらら



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

ちらかしぼうや

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット