貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
まだかんがえるカエルくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まだかんがえるカエルくん

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1998年5月15日
ISBN: 9784834014877

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
30X23cm・56ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「みち」「すき」「こころ」の3編が入った、『かんがえるカエルくん』の2作目。
この道はだれの道? どこへ行く道? 心はどこにある? 見えるの? と今回も哲学しています。
作品名

ベストレビュー

まだカエル君は考えます。

言うまでもなく、「かんがえる カエルくん」の続編。
 またまた、かんがえてる カエルくん。
 「このみちは どこへ いくの?」
 「このみちは どこから・・・?」

 「こころは どこに あるの?」
 「かお?」「あたま?」「むね?」
 「おこったかお すると こころも おこる」
 「わらったかお すると こころも わらう」
 「じゃぁ こころの そこは?」・・・と喉の奥をのぞくカエルくん
 「まっくらだねぇ・・・」

 やっぱり、ホッコリするお話です。

(きゅりおそうとさん -・絵本紹介サイト )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

まだかんがえるカエルくん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット