しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
いそっぷ童話集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いそっぷ童話集

  • 絵本
作: いわきたかし
絵: ほてはまたかし
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いそっぷ童話集」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 いそっぷの童話、というのは子どもが幸せな人生を送るためのガイドブックです。昔は教科書にものっていました。おじいさんやおばあさんが昔話みたいに話 してくれました。リンカーンやアンデルセン、ヘレンケラーも、イソップ童話を読んで育ちました。どういうお話か、というと、

・「狼が来た」や「正直者の樵」は、ウソをついてはいけません、ということ。
・「お百姓さんの宝もの」「ありとせみ」は、まじめに一生懸命働くものにはごほうび が来るということ。
・「せみになりたかったロバ」は、人にはそれぞれ分(ぶん)がある、ということ。
・「らいおんとねずみ」は、人を助けると恩返しがあるということ。

子どもがまだ小さいときに、善と悪をはっきり教えたいものです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

いわきたかしさんのその他の作品

くいしんぼのもぐら / もぐらのおくりもの / もぐらのおとしあな / もぐらとおおきなきりかぶ

ほてはまたかしさんのその他の作品

ちいさな はくさい / おいで、フクマル / 版画のはらうた 4 / あいうえおおかみ / 紙芝居 ねこはしる / 版画のはらうた 3



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

いそっぷ童話集

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット