宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
世界のことばあそびえほん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界のことばあそびえほん

作: 戸田やすし
絵: 戸田こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

みどころ

世界のことばあそびえほん

ベストレビュー

いろんな言葉

「ことばあそび」とタイトルにありますが、日本語の単語を、世界6ヶ国語ではどう言うのかを教えてくれる絵本です。
例えば、「食べる」は英語でイート、フランス語でマンジェ、ロシア語ではイエースチ、スワヒリ語ではクラ・・・
なんてことを知ることが出来ます。
それぞれの言葉は現地の文字でのつづりと、カタカナでその読みがわかるようになっています。

ほんとに基本的な単語ばかりなのですが、英語はともかく、それ以外の言葉にはほんとになじみがないなぁ・・・と実感します。
動物の鳴き声、決まった言い回しが無い国も多いんですね!これも知りませんでした。

表紙をめくった見開きには、世界地図上にこの6ヶ国語が話されている地域が描かれています。英語やフランス語、本国とは全然違う地域でもたくさん話されているのですね。

難しいことはともかく、世界の言葉を言い比べてみるのも楽しいものです。5才の息子もいろいろ自分で発音して言葉の響きの違いを楽しんでいます。
(あんれいさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!

戸田やすしさんのその他の作品

Baby Book / 完全版・国旗のえほん / 国旗のえほん

戸田こうしろうさんのその他の作品

竜のはなし



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

世界のことばあそびえほん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット