貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
クリスマスにほしいもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスにほしいもの

  • 絵本
作: 星野 はしる
絵: 入山 さとし
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年10月
ISBN: 9784893256119

出版社からの紹介

ひとりぼっちのきつねのコーンがサンタさんにお願いした物は、いっしょに遊べるぬいぐるみ。でも、新しい友達ができて、お願いを変更することに…。

ベストレビュー

プレゼントに期待するもの

今年も絵本サークルのクリスマス会で、恒例の絵本プレゼント交換をしました。その時に私の手元に来たのがこの絵本です。全員に絵本が行き渡った後、一人一人がなぜその絵本を選んだかを発表しました。

彼女は、「クリスマスの時期にピッタリだと思ったこと、プレゼントはぬいぐるみなど自分がほしいものではないものを見つけたこと、にうるっと来たこと」などを話してくれました。コーンはともだちのことをしっかりと見ていて、ピートの靴下の穴に気づいていたのでした。彼女は絵本が読み手に与えるメッセージを掴んだのだと思いました。

まだ、子どもたちの前で読んでいませんが、きっと子ども達にも何かが伝わる絵本だと感じます。これも「絵本の力」なのではないでしょうか?

今年のクリスマスプレゼントには、『やすらぎ、平和、穏やかな日々』を期待してその実現のために努力することにします。
(こぶた文庫さん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星野 はしるさんのその他の作品

まよなかのおはなみ / たこのコータ

入山 さとしさんのその他の作品

あのね / めくってばあ! / ぴよちゃんのいもうと



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

クリスマスにほしいもの

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット