だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぞうの せなか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぞうの せなか

作: 秋元 康
絵: 網中いづる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「ぞうの せなか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784061323650

出版社からの紹介

「おとうさんは、もう すぐ、みんなの しらない ところへ いくんだ。」
「ぼくは、おとうさんと ずっと いっしょに いたい。」
受け継がれるいのちの物語。

いのちの終わりを悟ったぞうのおとうさんは、幼い息子のポッポに、生きるためのさまざまな知恵と力を授けようとします。しかし、ポッポは“死”を理解できません。やがて、別れの日がやってきます――。受け継がれてゆくいのちの力強さをうたった絵本。

ベストレビュー

ゾウの世界

このお話は、自分の死期が分かるお父さんゾウが自分の息子のゾウにさりげなくゾウの生き方を教えてあげる素敵な親子関係のお話でした。男同士の言葉のないやり取りがうちの子には響いたのか「なんかかっこいい!!」と言って共感していました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

秋元 康さんのその他の作品

続・象の背中 / 象の背中 / ぞうネコ

網中 いづるさんのその他の作品

ふくはなにからできてるの? ―せんいのはなし― / あたし ときどき おひめさま / そだちノート / 鮎はママの子 / ヨコちゃんとライオン / たんぽぽ



ハッピーなおやすみのえほん!

ぞうの せなか

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 2人

せんせいの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット