ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ゆらゆらゆくよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆらゆらゆくよ

  • 絵本
作: クオン・ジョンセン
絵: キム・ヨンチョル
訳: 金広子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784338126502

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『ゆらゆら来る、のっしのっし歩く、キョロキョロさぐる、コツコツついばんで食べる、やーい、このやろう』この言葉でつくられたお話が、おじいさんとおばあさんを助けることになります。韓国のゆかいな昔話の絵本。

ベストレビュー

アイゴー!

9歳の我が子と一緒に読んだ後、
3年生のクラスで読みました。
3年生の授業で「異文化交流」というものがあり、その中で
韓国の文化を体験することもあり、韓国の昔話を選びました。

「おもしろい話が聞きたい」というハルモニ。
お話が思いつかないから「布と取り替えてもらおう」と
出かけていくハルボジ。
「いやいや、取り替えてくれる人なんてないから」と、
心の中で突っ込んでしまう私。

案の定、だれも本気にしてくれなくて、帰途につくハルボジ。
「普通そうでしょう」と、ついつぶやいてしまう私。
なのに、偶然会った親切なんだかなんだか知らないおじさんが、
おもしろい話を教えてくれます。それも、身振りを交えて。
大の大人二人が何をやってるんだか。
またまた突っ込んでいる私。

お話を待っていたハルモニは、ハルボジのお話を
とても喜んでくれます。よかったですね。

で、終わらないこのお話。

小さな子どもたちは、身振り手振りがおもしろいらしいし、
大人にとっては、それ以外のやりとりなどに、笑いのツボがあり、
読み手それぞれがいろんなところを楽しめるお話だと思いました。

文中ではハルボジ(おじいさん)、ハルモニ(おばあさん)、などの
言葉が使われていますが、やはり、日本語に訳さないのには
わけがあるのだろうと思いました。

なかでも、「アイゴー!」は、
まったく事前の説明もせず、そのまま、「アイゴー!」と読みました。
そういう気持ちなんですよね。
中途半端に日本語に訳してしまえば、気持ちが伝わらなくなるような
気がしました。

自分自身は関西出身ですが、夫の東京転勤のため
こちらに出てきて、はや13年。
やはり、細かな気持ちの動きなどは生まれ育った土地の言葉でないと
言い表せない部分も多いです。

そう思うと、やっぱり「アイゴー」は「アイゴー」なのだと
しみじみ思いました。
(まだむ☆やんさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

クオン・ジョンセンさんのその他の作品

こいぬのうんち



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ゆらゆらゆくよ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット