庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
イソップ12の物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イソップ12の物語

  • 絵本
作: イソップ
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 吉田 新一
出版社: 太平社

本体価格: ¥1,748 +税

「イソップ12の物語」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

イソップ物語の入門編

イソップ物語は、ヘロドトスの『歴史』に、紀元前6世紀に奴隷のアイソーポス(英語読みがイソップ)が作ったとされています。
今から2500年以上も前の作品と知ると、驚かざるを得ません。

構成は、左側に文章と下にその教訓、右側に絵。
12話あるのですが、
「町のネズミといなかのネズミ」
「羊飼いの少年とオオカミ」
「ウサギとカメ」
「キツネとカラス」
の4話以外は知らない作品ばかりでした。
「ウサギとカメ」は、日本の昔話と捉えている人がいる位、浸透していますが、動物の寓話というのは、万国共通に受け入れられるものなのでしょう。

絵を描いたリスベート・ツヴェンガーは、世界的名作を、繊細で独特の画風で描き、国際的に評価を得ており、この作品も、思う存分に彼女の描く絵の魅力が溢れているもの。
物語が短いので、イソップ物語の入門編といった作品として捉え、気にいった作品については、本格的な作品を読んでみるといった読み進めが良いと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


イソップさんのその他の作品

とかいのねずみといなかのねずみ / イソップおはなし絵本 / まちのねずみといなかのねずみ / イソップ物語 / イソップ寓話集 / うさぎとかめ

リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / リスベート・ツヴェルガーの世界 / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟 / ハーメルンの笛吹き男

吉田 新一さんのその他の作品

〈子どもの本〉黄金時代の挿絵画家たち / トム・チット・トット / 天才コオロギ ニューヨークへ / 素顔のビアトリクス・ポター / コールデコットの絵本 / ビアトリクス・ポター



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

イソップ12の物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット