貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
歌う悪霊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歌う悪霊

作: ナセル・ケミル
絵: エムル・オルン
訳: カンゾウ・シマダ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「歌う悪霊」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784338202022

小学校中学年から

出版社からの紹介

昔むかし、ひどく貧しい一家があり、父は、悪霊のすむ荒れ野で麦をそだてようとする。途中までは、うまくゆくのだが、とんだ悲劇が……。北アフリカの昔話。

ベストレビュー

ぶきみです。

 北アフリカのサエル地方の昔話とあり、また「歌う」とあるので多少
まぬけな悪霊の話と思いきや・・・やっぱり悪霊でした。
悪霊の絵も藤子不二夫Aの「笑うセールスマン」の「喪黒福造」に似ているような感じがしたので、ちょっと気がゆるみ・・・手に取りました。
 
 裕福になりたい男は悪霊の土地を麦畑にしようとします。男が口にしたことを悪霊は地の底から出てきて手伝ってくれます。その度に悪霊が次々と地の底から湧いて出てきます。そうして悪霊が増えていくにしたがい、どんな最後になるのかハラハラドキドキで読んでいきました。
 そして、やっぱり悪霊は悪霊なのだと思い知らされました。

 どの国でも昔話というものは残酷で、人としてどうあるべきか、自然のなかで生きていくために守らなければならないものは何か、など大切なメッセージが含まれていると思いました。
 
 6年生に読みました。他の国の昔話に触れるのもいいのかなと思い、また読み応えがあると思い選びました。
 初めのうちは悪霊が次に何人出てくるかなど、小さい声で話すのが聞こえてきました。クスクスと笑い声もありました。しかし、だんだんシビアな内容に子どもたちも驚いた様子でした。
(さいきちさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

エムル・オルンさんのその他の作品

アリ・ババと40人の盗賊



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

歌う悪霊

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット