くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
歌う悪霊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歌う悪霊

作: ナセル・ケミル
絵: エムル・オルン
訳: カンゾウ・シマダ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784338202022

小学校中学年から

出版社からの紹介

昔むかし、ひどく貧しい一家があり、父は、悪霊のすむ荒れ野で麦をそだてようとする。途中までは、うまくゆくのだが、とんだ悲劇が……。北アフリカの昔話。

ベストレビュー

こっわー!!

装丁に目を奪われて借りました。
「北アフリカ サエル地方の昔話」だそう。
悪霊の顔がちょっとユーモラスなので、
ラストは救われるのかな・・・と期待してたら、
悪霊は容赦ない本物の「悪」だった!
非常に恐いお話。
でもこれ、「物欲に負けず、神や自然を恐れよ!」
・・・ってことなのかな。
それに、「繰り返し」を使いながら
無駄なく一気に読ませる展開の面白さ。
絵もものすごいです!(言葉で表現できない)
恐いけど詩のような文体(訳?)。
大人向けでしょうね。
でも高学年でなら読めるかも。
(ちうやかなさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

エムル・オルンさんのその他の作品

アリ・ババと40人の盗賊



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

歌う悪霊

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット