しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
のんびりこぶたとせかせかうさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

のんびりこぶたとせかせかうさぎ

作: 小沢正
絵: 長 新太
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「のんびりこぶたとせかせかうさぎ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

ベストレビュー

足りないものを補いあえる良い関係

私が最近気になっている小沢正の児童書です。

最近読んだ「あしたにいったねずみたち」の舞台となったアニマン市に住むこぶたとうさぎのお話です。

のんびりしたこぶたとせかせかしたうさぎは同居しています。初めせかせかしたうさぎは私で、のんびりしたこぶたは夫かななんて思っていたのですが、よく考えてみると私にものんびりしたところはあるので、一人の中にどっちの気持ちもあるのかな?なんて思いました。

自然体で無理せずに生きているこぶたに比べると、人間に近付きたいと大好きなにんじんを食べないで、トーストを食べています。

うさぎが自己卑下してしまう場面も出てきますが、今日よりも明日こそはよくなりたいと思ううさぎの気持ちっていきすぎるとよくないけれど、必要なのではないかなあと思います。

相互補完という言葉がありますが、こぶたとうさぎはお互いに足りないものを補いあえる良い関係なのだろうなと思います。

ラストのこぶたの行動に「こぶたってなんて優しい子なんだ」と感動してしまいました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

出版社おすすめ


小沢正さんのその他の作品

まほうのかさ / こぶたのぶうくんと しりとり / こぶたのぶうくん / アラジンとふしぎなランプ / リンカーン / へんてこパン

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ベタベタブンブンおおさわぎ



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

のんびりこぶたとせかせかうさぎ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット