くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
10にんのきこり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

10にんのきこり

  • 絵本
作・絵: A.ラマチャンドラン
訳: 田島 伸二
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「10にんのきこり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784061323612

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

0(ゼロ)を発見した国、インドの数の絵本

10人のきこりが もりにいって木をきって、いいます。
「まだある、まだある。」
のこりはいくつなのかな?

インドの画家、A.ラマチャンドランさんは、「まだある、まだある」とみんなが思っているうちに、美しい自然や伝統がどんどんなくなっていくのを心配して、このような美しい絵本を描きました。たくさんあるように見える自然も、21世紀には、あっという間に消えていき、森のおくから「トラ」が現れるかもしれません。そうならないようにすること。それは、これからの時代を生きる、どの国の、どの世代にも共通するテーマだと思います。――訳者/田島伸二

ベストレビュー

シュール

10人のきこりが10本の木を1本ずつ切ります。
「残りは何本?」と楽しく引き算を学んでもらえたらと、読み聞かせました。
木を切っていくうちに、隠れていたトラが現れてきこりを食べてしまうのですが、日本のお話なら誰かが助けに来そうなのに、この本では食べられておしまいです。
でも、子供は気に入ったようで、何度も「読んで」と持ってきます。
(つみさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

A.ラマチャンドランさんのその他の作品

ヒマラヤのふえ / おひさまをほしがったハヌマン / まるのうた

田島 伸二さんのその他の作品

ガウディの青い海 / 新装版 さばくの きょうりゅう / ウサギとカメ / 沈黙の珊瑚礁



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

10にんのきこり

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット