だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
わすれんぼ・ちびくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わすれんぼ・ちびくん

  • 絵本
作: マイク・ギビー
絵: バーバラ・ナッシベム
訳: くどう なおこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「わすれんぼ・ちびくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年4月20日
ISBN: 9784097273165

おはなし

ある日、茶色のちび犬くんは何もかも忘れて目が覚めてしまいました。何より大変なのは、自分の名前を思い出せないこと。僕誰だっけ!?
そこでちびくんは街を走り回り、出会った人(犬)たちに自分が誰なのか聞いていきますがどうしても名前がわかりません。僕はピンクのはなの茶色の子犬で、どろんこあそびがすきで、いつもリスを追いかけてて... 少しずつ自分のことがわかっていく楽しいお話です。

みどころ

自分のことがわからないってなんだか不安なはずなんですが、走り回ってるちびくんはなんだか楽しそう。ちびくんの走り回る様子を見ていると、読んでいるこちらもわくわくしてしまいます。この絵本は読み終わったあと、必ずもういちど最初から読み返すはず。こどもが大好きなしかけがあります。
また、絵の美しさは特筆もの。鮮やかで楽しいタッチで、新聞や布の模様をうまく使うなど、細かいところまで楽しめます。

出版社からの紹介

自分の名前を忘れたちび犬くん。名前を探して街へ飛び出した。いろんな友だちにあって、少しずつ自分の情報が集まるけれど…。とっても楽しい元気印の絵本。

 朝起きると「あれ、ボクの名前なんだっけ?」。名前を忘れたちび犬君は、いろんな友達の所を尋ねて歩きます。でもみんなが思い出してくれるのは、名前以外のことばかり…。最後に楽しい結末が待っている元気印の絵本。

ベストレビュー

そういう意味か!!

実は始め読んだ時 ワタシ自身 意味がわからなかった。
こんな終わり方でいいの? って(笑)
この本は 何度も何度も繰り返し読み 絵もじっくり見ないとわかりません。
味わいがじわ〜っと出てきて 徐々に楽しくなる本です。

子供が大好きな繰り返しの文章。
自分の事は忘れているのに どうして友達の名前は覚えてるの? という不思議。
色々な犬種が出てきて 楽しい1冊です。


(睦未さん 30代・ママ 男の子13歳、男の子10歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くどう なおこさんのその他の作品

ちいさな はくさい / おいで、フクマル / はちゃめちゃ・ぶたさん / あいうえおおかみ / 10このちいさなおもちゃのあひる / みんないきてる みんなでいきてる!



ねえ、「コワイ」って、もってる?

わすれんぼ・ちびくん

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット