キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
お正月さん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お正月さん

  • 絵本
作: 奥田 継夫
絵: 太田 大八
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「お正月さん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おおみそか。どこかいつもとちがう家族の風景。そわそわして、くすぐったく、わくわくとその瞬間、年の境目、年越しを待つ・・・。

ベストレビュー

昭和の香りのする絵本

クリスマスの絵本も今年はあまり読まないまま『もうすぐおしょうがつ』がハードカバー化されたこともあり、

私の頭の中はすでにお正月絵本となりました。

そんな中図書館で見つけたのがこの本です。

クリスマス絵本が乱立する中、お正月絵本って陰に隠れてかわいそうな存在なのでつい応援したくなります。

図書館は休館に入りますし、大掃除やお正月の準備で忙しくて絵本の読み聞かせどころではなくなる時期ですよね。

『もうすぐおしょうがつ』も昭和の香りのする絵本ですが、この本もやはりそんな感じです。

息子は、あたしとお父さんがお風呂に入っている場面で、数を数えるその言葉がとても気になったようでした。

特に「みなと」という言葉。「三(みー)たす 七(なー)たす 十(と)は二十」というくだりです。

「えっなんで?」というので、もう一度言葉を説明するとわかったようで、「みなと みなと」と言っておりました。

いろいろと消えていった風物の中で、まだ家庭の行事としてもきちんと残っているのが、お正月かなと思います。

家族団欒はもちろんのこと、昔ながらのお正月、伝えていきたいなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


奥田 継夫さんのその他の作品

はいたつされたふしぎなじゅもん / かぼちゃひこうせんぷっくらこ / スキャリーおじさんのにぎやかなビジータウン / せかいいちゆかいなとうさんねこのたんじょうび / せかいいちいそがしいぶたのしょうぼうし / 鬼の子太郎

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / なんげえはなしっこしかへがな / もしも… / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

お正月さん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット