もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
おしょうがつこびとのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしょうがつこびとのおはなし

  • 絵本
作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1986年04月
ISBN: 9784494002306

3歳〜
B6判・18.6×13.4cm・32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

一月元旦、お正月の朝、おしょうがつこびとは山のむこうの白い家をめざしてでかけます…

ベストレビュー

お正月の時期に読みたいお話

絵本ナビのお正月に読みたい本の特集で見つけたお話です。おしょうがつこびとが、川の向こうのうちに急いでいます。でも、橋が壊れていて行けません。さるとりすたちが凧を作ってこびとを上げてくれます。さるがこままわし、りすが羽根突きをしているのがお正月らしいです。

凧を作る行程がよくわかるのが楽しかったです。読み終わった息子の疑問は、「もう凧がないじゃん。どうやって川に戻ってくるの?」でした。

おしょうがつこびとの役目は、おうちに着くこと、おうちには無事着きましたが、もう戻ってくることはないのでしょうか?

おしょうがつというと、神様のお話が多い中で、小人をもってくるという発想がユニークで新鮮でした。絵がとてもかわいらしいです。

「いいとしになりますように」という願いもお話の中にこめられているので、お正月の時期に読みたいお話だと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まつい のりこさんのその他の作品

てんじつきさわるえほん じゃあじゃあびりびり / 紙芝居 UFOがやってきた / 紙芝居 みんなでぽん!ー手話ってすてきなことば / 下村式 となえておぼえる 新版 漢字の本 小学6年生 / 下村式 となえておぼえる 新版 漢字の本 小学5年生  / 下村式 となえておぼえる 新版 漢字の本 小学4年生



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

おしょうがつこびとのおはなし

みんなの声(8人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット