モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
げんきになるって!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

げんきになるって!

  • 絵本
作・絵: アン・フォッシュリンド
訳: 菱木 晃子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「げんきになるって!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年07月
ISBN: 9784265006137

5才 〜 小学校低学年向け
A4変型判 28.0×22.0

出版社からの紹介

夜中におなかが痛くなり、入院したリサ。パパとママもつきそい…。病気、入院、手術、退院を経験した少女の気持ちを理解する絵本。

ベストレビュー

入院から退院までの不安が書かれています

女の子は家で身体が痛いといって、病院に入院、検査、手術、退院までをかいています。
看護師さんもいろいろあって注射するにも恐怖を感じる人とか優しい痛くない注射をする看護師さんとかいろいろいます。女の子、不安とか早く治りたいといった感じが行間の間から出ています。
絵も内容とマッチしていて、すすると絵本の中にはいっていけます。ただ幼稚園児とか小学1年生のうちのちびには話がちょっと難しいようでした。後1年したらもう一度読んであげて、そのときの反応を見てみたいです。
(doruさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

げんきになるって!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット