なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ねずみにとどいたクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみにとどいたクリスマス

  • 絵本
作: ルドルフ・オットー・ヴィーマー
絵: ヨゼフ・ウィルコン
訳: かわなごよしかつ
出版社: いのちのことば社

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねずみにとどいたクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

自分の存在感

星に導かれて、救い主の誕生を目撃したねずみのおはなし。
有名なエピソードですが、この作品では動物達も集まったとあります。
ちっぽけな存在と思っていたねずみが、その動物達にも、
その知らせを伝えた、という、自分への祝福が描かれているように思います。
子ども達にとっては、身近な動物たちが星に導かれて集まる、というのは
理解しやすいと思います。
そのやりとりの中で、救い主の偉大さが増幅されていくのですから。
そして、小さなねずみが、自分の存在感に喜びを感じる、ところは
共感できるような気がします。
(レイラさん 40代・ママ 男の子14歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ヨゼフ・ウィルコンさんのその他の作品

ミンケパットさんと小鳥たち / クララ しあわせを さがして / どうぶつえんからにげだそう! / すきすきだいすき / フーゴのおとうと / あたらしいぼうけん



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

ねずみにとどいたクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット