こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あっ! ぼくがさがしていたものは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あっ! ぼくがさがしていたものは

作: 宮本 亜門 松堂 今日太
絵: 今中信一
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あっ! ぼくがさがしていたものは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「みんな、何かを探してる」
宮本亜門・初の絵本に挑む!
若きアーティストたちと創り上げた新しい世界

「あっ!」
世界でももっとも短いタイトルに入るだろう、この「あっ!」は「えっ!」とは違います。単に驚くことを意味しているのではありません。今はいろいろなことに慣れきってしまい、先のことを勝手に想像してしまう時代だからこそ、「あっ!」の体験が大切になってきているのではないでしょうか。心の底からの発見、「あっ!」が人々の胸に響けば幸いです。これは年齢、体験に限らず、生きていくうえで、自分に気づくときの言葉だと思うからです。――宮本亜門

ベストレビュー

自分さがし

宮本亜門さん原案です。
とても奥が深い作品だと思いました。
犬は、海辺に置き去りにされ、飼い主を探す旅にでます。
いろんな犬に会い、諭され、現実を見つめ、
自分が探していたモノにハッと気がつくのです。
この絵本を読んで、
人間の汚い部分をつきつけられ、いろんな事を考えました。
最後の犬の言葉
「ぼくはぼくでいいんだね」「すてきなんだよ このままが」
未来の光のように感じました。
自分らしく生き続けたいですね。
(ぜんママさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中

今中信一さんのその他の作品

フラダン



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

あっ! ぼくがさがしていたものは

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット