大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ゴムあたまポンたろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴムあたまポンたろう

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1998年3月20日
ISBN: 9784494008810

3歳〜
第4回日本絵本賞
第45回課題図書<よい絵本>

B5判・26.6×19.1cm・32頁

4〜5歳 編集部おすすめ

おはなし

遠くの方から、頭がゴムでできている男の子が飛んできました。その名も「ゴムあたまポンたろう」。
山にポン!とぶつかると、ボールのように飛んでいきます。
寝ている大男の、野球のバットのようなつのにあたり、グングン飛んでいきます。
「わーい、ホームランだ!」
ジャングルでは、木がいっぱい伸びてきて、ポンたろうの頭をぶっとばします。
「バレーボールだ、バレーボールだ!」
またまたポンたろうは飛んでいきます・・・。

出版社からの紹介

山にポンとぶつかって、ボールのように空をとぶゴムあたまポンたろうのふしぎな世界一周の旅。

ベストレビュー

予測不可能!

どうしてこうも、屈託なく笑えるのだろう。
時々、こどもたちが羨ましくなる。

ナンセンス絵本は、どうも大人には理解しがたい内容ばかり。
なんなんだ〜!こいつは!
誰かが怒る声が聞こえてきそう。

でも、こどもは違う。
素直に笑ってくれる。腹の底から笑ってくれる。

私もかつて、ナンセンス絵本は意味不明だった。
でも、こどもたちに読み聞かせをしていると、
だんだんと、ナンセンス絵本の良さが見えてきた。

ゴムあたまポンたろうは、確かに存在していた。
絵本の中だけれど、絵本から飛び出して、
こどもたちを、笑いの渦に巻き込んで、
幸せのひと時を与えてくれた。

予測不可能な展開は、頭を空っぽにしてくれる。
次は?次は?と期待させて、考えも付かない落ちが待っている。
笑うしかないじゃありませんか。

ハリネズミがいっぱい遊んでいるところに、
ポンたろうが落ちてきた。
ハリにさされて、飛んでいくのだと思いきや・・・!?


子どもの笑顔を見たければ、是非ナンセンス絵本!
おすすめです。

小学2年生に読み聞かせをしましたが、
5歳くらいのお子さんからでも大丈夫だと思います。
(多夢さん 40代・ママ 女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた / さんぽ だいすき / 新装版 はなちゃんおふろ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット