たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
紙芝居 くわず女房
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 くわず女房

作: 松谷 みよ子
絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「紙芝居 くわず女房」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年08月
ISBN: 9784494076062

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

むかし、けちんぼな男がいた。「めしくわぬよめここねえかなあ」と歌うと、
ほんとにかわいいよめこがやってきた。ところが……。

ベストレビュー

菖蒲の由来

新年度を迎え、年長さんになったばかりの子どもたち。
まだ、落ち着かない時期に読み聞かせをするのに、
紙芝居はとても喜ばれます。

今回は、「くわず女房」。
あまり聞きなれない言葉ですが、子どもたちは真剣な目で聞き入っていました。
というのも・・・

けちな男が、飯も食わないで元気に働いてくれる女を嫁にします。
ところが、その嫁には、頭に大きな口があったのです。
子どもたちは、食い入るように見ていました。
怖いという気持ちと、どうなるんだろうという不安と。
子どもたちの表情は様々でした。

怖いお話でしたが、男が「よもぎ」と「しょうぶ」に助けられたのをみて、
ほっと安堵の顔を浮かべていました。

そう、子どもの日・・・端午の節句にちなんだお話でした。
(多夢さん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち <復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら <復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

紙芝居 くわず女房

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット