メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
紙芝居 なぜ、おふろにしょうぶをいれるの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 なぜ、おふろにしょうぶをいれるの?

作: 常光 徹
絵: 伊藤 秀男
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「紙芝居 なぜ、おふろにしょうぶをいれるの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年09月
ISBN: 9784494076550

3歳〜小学校1・2年生
26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

今日は五月五日。太郎が「どうして? おふろにショウブとヨモギをいれるの?」と、
おばあちゃんにたずねました。すると……。

ベストレビュー

端午の節句のしょうぶ湯の由来紙芝居

端午の節句のしょうぶ湯の由来紙芝居です。

絵本の「おにのくび」、紙芝居では「くわず女房」などもしょうぶやよもぎのことに触れているので、このお話はどんなお話なのかと興味がわきました。

「おにのくび」も「くわず女房」も怖いお話。このお話もちょっと怖かったです。

娘のところに通ってくるようになった男。その男の素性がよくわかりません。内容的に少し大人っぽいお話のようにも感じました。

漫画の「陰陽師」にも似たようなお話があったことを思い出しました。

しょうぶ湯だけでなくこいのぼりの由来も説明があったので、得した気分になりました。

由来については、知っているようで知らないことが多いので、子どもをだしに私が勉強していることが多いです。

しょうぶ湯に関する由来話がいくつもあって、それぞれが違うお話なのに、驚きました。他にもあるのかな?

子どもの日が近くなった頃、読むのをお勧めします。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


常光 徹さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園(25) 図書室は異次元空間 / 怪談オウマガドキ学園 (24) 火の玉ただよう消火訓練 / じごくにいったかんねどん / 怪談オウマガドキ学園 (23) 妖怪たちの職場見学 / たなばたにょうぼう / 怪談オウマガドキ学園 (22) パソコン室のサイバー魔人

伊藤 秀男さんのその他の作品

おにぼう / 日本の神話 古事記えほん【三】 やまたのおろち〜スサノオとクシナダヒメ〜 / げんこつげんたろう / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(12) 古田足日子どもの本 / タケノコごはん / まんてんべんとう



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

紙芝居 なぜ、おふろにしょうぶをいれるの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット