あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
紙芝居 雪の女王
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 雪の女王

  • 絵本
絵: 岩崎 ちひろ
訳: 稲庭桂子
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1976年03月
ISBN: 9784494074013

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

雪の女王にさらわれて、氷の国へつれていかれたカイをさがすため、
ゲルダは山賊の娘やトナカイに助けられ、氷の国にいきます。

ベストレビュー

原作のエッセンスそのままに

小学校のおはなし会で読みました。
ディズニー映画「アナと雪の女王」がブームのうちに、原作の味わいも知ってほしかったのです。
実は、映画はほとんど原作とは異なりますし、原作はかなり長編で難解なので、
10分強のおはなし会では時間的に無理、ということで、
ちゃんとした要約版を探していたところ、この紙芝居がちょうどよかったのです。
お隣同士のカイとゲルダ。
おばあさんから雪の女王の話を聞いても信じられないのです。
ところが、実際、カイが雪の女王のそりに連れ去られ、ゲルダは必死に探しに行くのです。
山賊の娘と出会い、トナカイの助けを得ながら、雪の女王の城に向かうゲルダ。
一途なカイへの思いが伝わってきます。
ゲルダの熱い涙が感動的ですね。
昭和51年の画でやや古風ですが、さすがいわさきちひろさんの童画は
アンデルセンのおはなしの世界を素敵に描出していると思います。
子どもたちも引き込まれて聞いてくれました。
もちろん、原作もいつか読んでね、と紹介しました。
(レイラさん 40代・ママ 男の子20歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王

岩崎 ちひろさんのその他の作品

いのちのバトン / みんなほんもの / げんきに なったひ / ビッグえほん ひさの星 / ちひろの絵本 全6冊セット / ちひろの詩 

稲庭桂子さんのその他の作品

紙芝居 平和のちかい / 紙芝居 おかあさんのはなし



ハッピーなおやすみのえほん!

紙芝居 雪の女王

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット