もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
紙芝居 人魚ひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 人魚ひめ

  • 絵本
絵: 岩崎 ちひろ
訳: 堀尾青史
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1976年03月
ISBN: 9784494074020

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

15歳になった人魚ひめは、やっと海の上にあがることを許されます。
その日、人魚ひめは美しい王子に心うばわれてしまいます。

ベストレビュー

憧れの王子と人魚姫像

 読み聞かせのお友達の読む紙芝居を見て聞いてから
すっかり紙芝居が好きになりました。それまでは、紙芝居は
苦手意識が強く、絵本が大好き!!!と固執していたのです。。。
 でも、大人数に読むには、紙芝居は見やすく楽しい♪それに、内容や絵も絵本に匹敵するものもたくさんあることを知りました。
 それから、紙芝居に関する本を読んで、誕生日のプレゼントに紙芝居の舞台を買ってもらい、24年度から自身の読み聞かせで紙芝居もはじめました。

 その最初の紙芝居に選んだのが、「にんぎょひめ」でした。
いわさきちひろさんの描く王子様や人魚姫が、幼かった頃憧れた王子様人魚姫像にとても近かったのです。すごく素敵でした☆

 内容的には、ちょっと説明足らずではないだろうか…と思われるところもあったのですが、(原文を読んでいないので偉そうなことは言えませんが)文と絵のバランスは良いのではないかと思い選びました。

 4.5.6年生で読みましたが、じっくり耳と目を傾けてくれていました。
(あすぱらこーんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王

岩崎 ちひろさんのその他の作品

いのちのバトン / みんなほんもの / げんきに なったひ / ビッグえほん ひさの星 / ちひろの絵本 全6冊セット / ちひろの詩 

堀尾青史さんのその他の作品

西鶴諸国ばなし  / かもとりごんべえ / てんにんのはごろも / 紙芝居 ジャックとまめのき / 紙芝居 こぐまのこぐちゃん / 紙芝居 こねこのしろちゃん



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

紙芝居 人魚ひめ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット