あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
紙芝居 きつねとごんろく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 きつねとごんろく

作・絵: 馬場 のぼる
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1982年04月
ISBN: 9784494075997

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おにのごんろくはおひとよし。山のきつねにだまされてばかり。
ある日、村人に生けどられたきつねをごんろくが見はりをすることになり…。

ベストレビュー

びっくり顔

オニのはずなのにお人好しで素直でやさしいごんろくと
きつねとの知恵比べの絵本です

こわーい鬼というイメージを一気に覆してくれるタッチの絵で
普段は鬼を怖がっている息子たちも
「あれあれ?」といった感じで食い入っていました

キツネは何かに化けるだろうなと息子とも予想していたものの
まさか アレに化けるとはびっくりで楽しかったです

紙芝居の良いところは読みながら子供たちの表情が
のぞき見えるところでしょう
ごんろくとごんろく?のところでは
明らかなびっくり顔をしててかわいかったです(親ばかですが…)
(らずもねさん 30代・ママ 男の子2歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


馬場 のぼるさんのその他の作品

11ぴきのねこすごろく / 馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと / 馬場のぼる ねこと漫画と故郷と / くまのまあすけ / まあすけのぼうし / たらふくまんま



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

紙芝居 きつねとごんろく

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット