となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【3月31日まで】「キッズ・ベビーソックス」が、銘柄限定で40%OFFセール中です!
紙芝居 おうさまさぶちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おうさまさぶちゃん

作・絵: 馬場 のぼる
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1966年09月
ISBN: 9784494076239

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

出版社からの紹介

洋服をママにきせてもらっているさぶちゃんは、
南の動物の国の王様になってほしいといわれ、あほうどりにのって、南の島へ…。

ベストレビュー

息子の優越感

保育園で先生に読んでもらった5歳の息子が、
「11匹の猫と同じ猫が出てるよ」と言って、
図書館から借りてきました。
息子は11匹のねこシリーズが大好きです。

自分で洋服を着れないさぶちゃん、
えばっているのでとってもエラい人に違いないと
アホウドリのホウ大臣たちに
おうさまにまつりあげられますが、
自分で服を着れずカッコ悪いので、
けちょんけちょんにけなされて...というお話です。

いつの間にか一人で服を着れるようになった5歳の息子は、
優越感に浸りながらこの紙芝居を楽しんでいました。

最初はさぶちゃんを王様と敬い奉っていたホウ大臣たちの
最後には手のひらを返したかのような対応が笑えます。

最後の、読者への問いかけ
「みんなの中にも、さぶちゃんのような人、いない?」っていうのも、
とってもいいなあと思いました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

馬場 のぼるさんのその他の作品

たらふくまんま / 復刻版 絵巻えほん 大型 11ぴきのねこ マラソン大会 / 馬場のぼる こどもまんが集 / ひるねのじかんです / 大型紙しばい おうさまさぶちゃん / ながぐつをはいたねこ



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

紙芝居 おうさまさぶちゃん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット