庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき

作: 古田 足日
絵: 田畑 精一
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1972年12月
ISBN: 9784494078509

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「ぼくひとりのほうがせいせいする」カミイはあそぶときも絵をかくときもひとり。
ある日、おみせやさんごっこをすることになり…。

ベストレビュー

絵本が紙芝居になっているのは新鮮‼

5歳の娘と読みました。 

ロボットカミイは10歳になった長男と数年前に読んだきり久々。
私はなんだか懐かしい気持ちで、
初めての娘はワクワクな気持ちで読みました。

絵本のストーリーを紙芝居で読むのは、
なんだかとても新鮮。
読み方やページの繰り方のインストラクションも
とてもよく工夫されていると思いました。
時々娘の反応が気になってそぉっと紙芝居の端っこからのぞいてみると、
とっても真剣な表情。
っていうか、カミイを睨み付けてる?

娘は西後までワガママなカミイが許せなかったようです。
側から長男が一言、
「カミイってこんなやつなんだよ。」

この紙芝居はカミイが自己中なまま終わってしまい、
カミイ的には残念な巻かもしれません。

カミイの汚名返上のためにも、
別の巻も紙芝居で娘に読んであげようと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


古田 足日さんのその他の作品

全集古田足日子どもの本(全13巻・別巻) / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(1) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(4) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(5) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(6) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本

田畑 精一さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻 別巻 古田足日子どもの本 / さくら / 5年3組事件シリーズ(3) のんびり転校生事件 / 5年3組事件シリーズ(2) 算数病院事件 / 5年3組事件シリーズ(1) マル秘発見ノート事件 / ブンブン ガタガタ ドンドンドン



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

紙芝居 ロボット・カミイ おみせやさんごっこのまき

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット