だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
紙芝居 しあわせの王子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 しあわせの王子

原作: オスカー・ワイルド
脚本: 三谷 亮子
絵: 中村文子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「紙芝居 しあわせの王子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ再版未定>>

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784494076093

3歳〜小学校1・2年生

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

しあわせの王子の像のもとに、一羽のつばめがやってきました。王子はつばめに貧しい人たちに自分の宝石をあげてくれと頼みます。

ベストレビュー

感動しました

ある町に『しあわせの王子』という、目にはサファイア・剣の先にはルビーが埋め込まれた美しい像が建っていました。
しあわせの王子の像は町の高台に建っていたので町中の事が見渡せました。
貧しい人や病気で苦しんでいる子供の姿も見えるのですが、像なので動くことも出来ず何もしてあげられず泣くことしかできなかったのです。
群からはぐれた1羽のツバメが、王子の目となり、足となって町人達を助けるのですが、ツバメ自身も早く南へ向かわないといけないのに王子のために尽くす姿がとても印象に残りました。
人を思いやる心のすばらしさを感じました。また、自分の身を犠牲にしてまで人に尽くすすばらしさが胸を打ちました。
是非たくさんの人に読んでほしいです。
(たまっこママさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

オスカー・ワイルドさんのその他の作品

めそめそしてても、いいじゃない!? / 親友のつくり方、教えましょう。 / 幸福の王子 / (デジタル)幸福の王子 / 幸福の王子 / ポプラポケット文庫 幸せな王子

三谷 亮子さんのその他の作品

紙芝居 おつきさんにばけたいの



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

紙芝居 しあわせの王子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット