宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ありんこ方式
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ありんこ方式

  • 絵本
作: 市川 宣子
絵: 高畠 那生
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ありんこ方式」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784577031247

小学校中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

食うもの食われるもの、スリルに満ちあふれている野原ーー小さなありんこたちが毎日届けるいのちの讃歌がスケール大きく描かれます。

ベストレビュー

こんな「ありんこ軍団」がいたらすごい。

面白い作品を見つけてしまいました。
なるほど、こんな「ありんこ軍団」がいたらすごいし、コワイそうです。
ありんこたちの登場の仕方にすごくインパクトありました。
市川さん(作者)も、よくこんな情景を思いついたな〜と、笑っちゃいました。
のんびり屋さんの牛も、気の早いイノシシもいい味出してました。
(結局この2匹は物語の進行役みたいで要所要所に登場してます)

この世界の面白さに広がり見せてくれたのは、高畠那生さんのイラストが大きそうです。
形は幼年童話のような子ども向けの作品ですが、実は奥の深い哲学書である気がするのは、私だけでしょうか?
深読みしなければ、小学校の2年生くらいから読めそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 宣子さんのその他の作品

ケイゾウさんの春・夏・秋・冬 / ランドセル名作 3つのごちそう /ヘンゼルとグレーテル きつねとつる ころころパン / 創作児童読物 ケータイくんとフジワラさん / くじらのくじらん / きょうりゅうがすわっていた / みんなのおばけ小学校

高畠 那生さんのその他の作品

あさって町のフミオくん / ゲンちゃんはおサルじゃありません / そらから ぼふ〜ん / ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / としおくんむし / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

ありんこ方式

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット