ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
牛女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

牛女

作: 小川 未明
絵: とだ こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「牛女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

牛女

ベストレビュー

心温かい母親の愛情とこどもの成長

「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる
小川未明氏の作品
私は、文庫で読んでいるので
絵本とはなかなか結びつかず
こんな絵本あったんだ・・・
と、手に取った次第です

題名からして
ちょっと、引いてしまうかも(^^ゞ
絵もちょっと暗めですから
子どもは、好まないような気がしますが
是非、親子で読んでいただきたい

貧しい時代
障害者をいたわることなく
差別扱いが残る時代背景
想像を巡らしてください

それでも、牛女は、ひとりの子の母親
愛情深く育てています
死んでもその愛情は消えず

残された子どもと
村人の気持ちが、人間のありようを
うまく表しています

りんご作りになるので
なんとなく、東北地方をイメージしてしまうからでしょうか
自然の変化
言い伝えみたいな雰囲気
昔話のようにも思えてきます

母の愛情は、不変であってほしい
その愛に包まれて、こどもは幸せであってほしい
と、強く思うのでした

こういう絵本は
小学校中高学年、中学生にもいかがでしょう?
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

小川 未明さんのその他の作品

月夜とめがね / とっておきの笑いあります! もう一丁!! / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚 / 赤いろうそくと人魚 / ものぐさじじいの来世 / 太陽とかわず

とだ こうしろうさんのその他の作品

Baby Book / 赤ちゃんにおくる絵本(3点セット) / リングカード・国旗 / 童謡画集+CD 1 / 童謡画集+CD 2 / リングカード・しきさい



『おふくさんのおふくわけ』服部美法さんインタビュー

牛女

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット