ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
今日からは、あなたの盲導犬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

今日からは、あなたの盲導犬

  • 絵本
作: 日野 多香子
絵: 増田勝正
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784265006304

小学校中学年向き

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

盲導犬歩行指導とは、盲導犬を育て、目の不自由な人に渡す仕事。「人との出会 いが、歩行指導のやりがい」と語る指導員と、盲導犬を得て社会にふみだす女性 を追った写真絵本。

ベストレビュー

盲導犬をより理解する1冊

盲導犬協会の1000頭目にあたるセロシアが産まれて・・いろんな人の手を経て盲導犬として巣立っていくまでのドキュメンタリーです。

パピーウォーカーの下で1年という子犬時代をすごしてその時代に人との愛情と信頼を作るのだそうです。

盲導犬になるにはその後厳しい訓練をしていかなくてはならなくて・・
パピーの時代の愛情が厳しい訓練にも絶えれる力となるのだそうです。

やはり幼年期の愛情というのが大事なんだなぁ・・と感じました。

盲導犬の育ちかた訓練の方法、ペアとなる人との訓練など写真で追っているのでとてもよくわかります。

この絵本は2008年の課題図書にもなりました。

盲導犬を育てる指導委員の原さんのやりがいは「さまざまな人と出会えること」と言っています。
目の不自由な人が盲導犬との出会いによって世界を広げていく。
人との出会いが好きな原さんが人との出会いを作る仕事をしているのってすごく素敵だとと思います。


この絵本を読んで困っている人に見て見ぬふりをせず「なにかお手伝いしましようか?」と声をかけれるひとが増えたらいいなぁ・・と思います。
(とむままさん 40代・ママ 男の子13歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

日野 多香子さんのその他の作品

みんなの友だち、ツガルさん / 羅生門 / リタイア犬ポリーの明日 / あの子はだあれ / 七本の焼けイチョウ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

今日からは、あなたの盲導犬

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット