あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
天の町やなぎ通り
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

天の町やなぎ通り

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: 黒井 健
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784251009562

小学校低学年以上

出版社からの紹介

小さな郵便局に、さしだし人のない「天の町」宛の手紙がくるようになりました。そんな住所はありません。ある日、手紙に差し出し人の住所が書いてあります。局長さんは自転車に乗り、さがしあてた家で、小さな男の子に会いました。男の子は、天の町は、亡くなったお母さんが引っ越していった所だと言います。局長さんは、男の子の手紙を届ける約束をしました……。亡き母への手紙は届くのでしょうか。幻想的で切なくも美しい絵本。

ベストレビュー

ほろりとします

あて先が「天の町やなぎ通り・・」と書かれた手紙が、6通郵便局で見つかります
お父さんから、お母さんは天の町に引越したと聞き、5才のまさおは手紙を出したのです
その住所をつぶやきながら歩く局長さんの目の前に、天の町への道が現れます・・・
約30年前に発表された作品に黒井健さんの幻想的な絵が切なく読み手に優しい心を訴えかけてきます
読みながら局長さんの気持ちが伝わってきて思わずほろりとしてしまいました
小学校低学年でも気持ちを理解できると思います
まずは大人が読んで欲しいです
心を優しく整えてくれるお話です
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ / なかないで なかないで

黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / 戦争と平和のものがたり(3) おはじきの木



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

天の町やなぎ通り

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット