もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ロンドンのマドレーヌ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロンドンのマドレーヌ

  • 絵本
作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 江國 香織
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年11月
ISBN: 9784892385834


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

パリのふるいお屋敷にすむ、マドレーヌたち12人の女の子。なかよしのペピートに会うために、みんなそろってロンドンへやってきました。ところがマドレーヌとペピートののった馬が街へ飛び出してしまい……。美しいロンドンの街並みを背景に、楽しいハプニングを描いた、心おどる作品です。

ベストレビュー

テンポのよいお話しです

マドレーヌたちのお屋敷のお隣に住んでいたスペイン大使の一家がロンドンに引っ越しました。大使の息子のペピートがマドレーヌたちと離れて元気がなくなったので、パリからみんなで会いに行くことになりました・・・。パリからロンドンへ舞台が変わってもマドレーヌは元気いっぱいですね。でも、あのペピートがみんなと離れたら病気になっちゃったなんてびっくりです。お話しのテンポもよく、とても楽しいお話しです。
ペピートのことは「マドレーヌといたずらっこ」を読んでみてくださいね。
(かあぴいさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんのその他の作品

きかんしゃキト号 / バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし / ゴールデン・バスケット ホテル / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯 / よくぞごぶじで / マリーナ

江國 香織さんのその他の作品

ぼくにまかせて! / 江國香織童話集 / とてもとてもサーカスなフロラ / ゆき、まだかなあ / ナイアガラの女王 / 100万分の1回のねこ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ロンドンのマドレーヌ

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット