もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
サーカスへようこそ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サーカスへようこそ

  • 絵本
作・絵: *すまいるママ*
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「サーカスへようこそ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784569687643

幼年から
A4判変型上製/32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

布、フェルト、ビーズなどを使った刺繍で、細部までこだわりぬいたステッチ絵本。思わず触ってしまいたくなるような絵本には、心温まる優しいお話が広がっています。

パラッパッパー♪ ズンタッター♪ 街にサーカスがやってきた! サーカスに憧れるチンパンジーのピエールは、この日を楽しみに待っていました。

さっそくショーが始まります。空中ブランコにつなわたり、フラフープ……動物たちはとっても楽しそう。そんなみんなの様子をみて、ピエールは「サーカスへはいりたい!」と今まで以上に憧れます。そして、ショーが終わり、ピエールは団長さんに入団試験を受けさせてもらうことになりました。しかし、何をやっても失敗ばかり。怖い顔の団長さんと動物たちに、大笑いをされてしまいました。「やっぱり何もできない……」ピエールは、大きな涙を一粒こぼして、悲しそうに出口へ歩いて行きました。ところが、団長さんから意外なひと言が……!?

サーカスへようこそ

ベストレビュー

難しい判断

かわいい絵に惹かれて読んでみました。
サーカスの入団テストで、ドジばかりしてしまうサル君。
そんなサル君は、てっきりテストに落ちたと思いますが、
団長はピエロの役をサル君に与えます。

他の方も書かれているように、賛否両論わかれそうかな・・
「自分の持ち場を見つけてよかった・誰にでも特性を生かして
輝ける場があるのだ・技が出来ないならピエロでもがんばればいいんだ
と言う風に受け取ればいいのでしょうかね。

ステッチによる動物達はすごくかわいかったですが
内容は少し考えさせられるものがありました。

(きゃべつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

*すまいるママ*さんのその他の作品

おめめきょろきょろ / おしゃべりだいすき! まねっこくまたん ごあいさつ / ぶーぶーぴかぴか のりものたっち / みてみて! / ふわふわ もこもこ どうぶつたっち 2 / はなになりたい



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

サーカスへようこそ

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.82

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット