ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
わたし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたし

  • 絵本
作: 谷川 俊太郎
絵: 長 新太
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年02月
ISBN: 9784834008470

読んであげるなら・4才から
自分で読むなら・小学低学年から

おはなし

わたしは、
男の子から見ると、女の子。
赤ちゃんから見ると、おねえちゃん。
おにいちゃんから見ると、いもうと。
見る人によって、「わたし」は変わる。
さっちゃんから見ると、お友達 だし、
先生から見ると、生徒。
キリンから見ると、ちび だけど、
アリから見ると、でか。
わたしは・・・?

わたし

出版社からの紹介

わたしは山口みち子、5才。お兄ちゃんからみると“妹”でも、犬からみると、“人間”。わたしはひとりなのに呼び名はいっぱい。社会関係を楽しく描きます。

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
この春、小学生になる娘に贈った一冊。
5歳の「わたし」は、おにいちゃんから見ると「妹」。おばあちゃんから見ると「孫」。
さっちゃんから見ると「友達」、お巡りさんから見ると「迷子?」、犬のゴロウから見ると「にんげん」、宇宙人から見ると「地球人」・・・。
本書はそんな感じで1ページずつ他人から見たいろいろな「わたし」が登場する、谷川俊太郎&長新太のクールだけどあったかいコラボレーションが楽しい絵本だ。
「自分とは誰だ?」。そう、人間である以上、この哲学的問いから逃れることは誰もできない。でもそればかり考えていると心がズーンと重くなって、外に出られなくなっちゃう人もいる。それはなんか悲しくてモッタイナイことだと僕は思う。
だから大人への道をやっと歩き始めた娘に伝えたい。
私は確かに「わたし」だけれど、「わたし」は私だけで成り立っているわけではないんだよ。社会に生きるいろいろな人と交わって私は「わたし」として育っていくし、それが「生きてる」ってことで、それはとてもとても楽しいことなんだよ、と。

ベストレビュー

はじめての哲学書

「わたし」はお父さんお母さんからみたら「むすめ」。男の子から見たら「女の子」。宇宙人から見たら「地球人」。

私を様々な立場から眺めた絵本。最後の歩行者天国にいたら「大勢のなかの一人」に考えさせられる余韻があります。
絵本なので、子供向けなのですが、なかなか深い。「わたし」のペルソナ(仮面)について簡単にリズミカルにユーモラスに語ってくれています。

娘には早いかな。と思ったのですが、谷川俊太郎、長新太という魅力的な組み合わせに、自分が欲しくて買ってしまいました。
ところが、意外にも娘は面白かったようです。名前のところを娘の名前に変えて読んだのがヒットだったようです。
なまいきにも「ふぅん」といく度かあいづちをうちながら聞いて、「もう一回」と何度も言われちゃいました。
(佐保姫さん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくはイスです / タマタン / みんな にげた / さんぽ だいすき / 新装版 はなちゃんおふろ



困っているぼくのところに本物の神様が!

わたし

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット