そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
やまのおんがくか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やまのおんがくか

  • 絵本
訳詩: 水田詩仙
絵: 鈴木 幸枝
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「やまのおんがくか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年09月26日
ISBN: 9784865490121

220×190mm/24ページ

みどころ

わたしゃおんがくか やまのこりす
じょうずに バイオリン ひいてみましょう

動物たちが楽器を演奏する楽しい童謡「やまのおんがくか」。
この曲を可愛いしかけをつかって楽しめる絵本ができました。

絵本の中では動物たちがミニコンサートを開催中。秋真っ盛りの紅葉した森で演奏がはじまりました。トップバッターは、こりすのバイオリンです。
型抜きページをぱたぱた動かすと、りすがバイオリンを弾きながらあっちを向いたり、こっちを向いたり。まるで体を動かしながら演奏しているみたい。楽しそうに演奏する姿の可愛いこと!
読み手の歌に合わせてしかけを動かせるので、演奏シーンをリズミカルに演出できます。読み聞かせが盛り上がりそうですね。
フルートを吹く小鳥たちも、たいこをたたくたぬきも、山の動物たちみんな、体全体で音楽を楽しんでいますよ。さあ、あなたもご一緒に「いかがです」?
最後のページに楽譜もついて、小さな子と一緒に童謡を楽しむのにぴったりの実用的な絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

<ファーストブックにおすすめ! しかけ入り歌絵本>
おなじみの歌が絵本になりました。絵本を開くと、りすがバイオリンを持って登場。次の画面でミニページをぱたぱた動かすと、りすが一生懸命演奏します。小鳥やたぬきも、それぞれミニページをぱたぱた動かすと、楽しい動きで演奏します。歌を歌いながらページを動かせば、楽しさ倍増! 親子で遊べる歌の絵本です。

ベストレビュー

ののちゃん、からだを動かして楽しんでます

2日前に家族でアフリカンダンスのショーを見に行った時に、9ヶ月のののちゃんが指さしたり、手を叩いたり、アフリカの太鼓にからだを動かしていたのでびっくりした私でしたが、「やまのおんがくか」も、歌いながらページを捲っていくと、ののちゃんが手を叩いたり、からだを動かしているので音楽の好きな子なんだと思いました。パパの血が騒いだんだと思いました(笑)絵本を読んであげてもなかなか聞いてくれなかったのですが、歌絵本に、しかけもあっていいなあと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

鈴木 幸枝さんのその他の作品

紙芝居 ホッキョクグマのおかあさん / 紙芝居 ペンギンのタウタウ / 紙芝居 ごちそうなにができるかな  / 紙芝居 かるがもキュウちゃん / 紙芝居 ずっといっしょだよ / 紙芝居 花かごわっしょい



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

やまのおんがくか

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット