ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
チム・ラビットのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チム・ラビットのぼうけん

  • 絵本
作: アリソン・アトリー
絵: 中川 宗弥
訳: 石井 桃子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チム・ラビットのぼうけん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1967年
ISBN: 9784494011049

小学校1・2年生〜一般
B5変型判/21.7×15.5cm
192頁

出版社からの紹介

子うさぎのチムの成長を温かくとらえた珠玉の童話を、名訳と流麗なさし絵でおくる。

ベストレビュー

子供のお気に入り

主人公のチムはかわいいこうさぎ。
でもただのこうさぎじゃありません。
勇敢で、好奇心旺盛。
自分で自分はただのこうさぎじゃないと思っているくらいです。

そんなチムが繰り広げる9つのお話が入っています。
読んでいる親からすると、チムは子供そのもの。
好奇心旺盛で、なんでもかんでも首をつっこみたがる。
その上、発想が奇想天外というか、大人では思いもつかない発想の連続!
ついつい自分の子供がだぶってしまいます。

息子がそう感じているかどうか分かりませんが、チムが繰り広げる世界を堪能していました。
お気に入りは「なぞなぞかけうた」、「チムラビットのあまがさ」、「チムラビットとはさみ」です。

「なぞなぞかけうた」は大人でもびっくりするほど凝ったなぞなぞで、息子にそのなぞなぞをだされたパパもびっくりしていました♪
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アリソン・アトリーさんのその他の作品

小さな赤いめんどり / おめでたこぶた その3 サムのおしごと / ちゃいろいつつみ紙のはなし / おめでたこぶた その2 サム、風をつかまえる / クリスマスのりんご / おめでたこぶた その1 四ひきのこぶたとアナグマのお話

中川 宗弥さんのその他の作品

くまさんおでかけ / このラッパだれのかな / みにくいおひめさま / こぶたのバーナビー / おてがみ / はじめてのゆき

石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / プーのはちみつとり / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



『すきなことのみつけかた』『ともだちのつくりかた』たかいよしかずさんインタビュー

チム・ラビットのぼうけん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット