あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
まほうのなべ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほうのなべ

作・絵: ポール・ガルドン
訳: 晴海 耕平
出版社: 童話館出版

本体価格: ¥1,300 +税

「まほうのなべ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784924938908

ベストレビュー

始めより終わりを忘れたら恐いんだな

 このお話は、随分前に目にしたことがあります。
 母になり、こういう形で再会できるとは、思ってもみませんでした。

 ヨーロッパ(東欧・北欧)中世の頃でしょうか。
 貧農(農奴)の苦しむ時代。
 
 食べるのものも底を尽き、森へ、苺や胡桃を探しに出かけた女の子。
 今日は運悪く、ひとつも見つかりません。
 森で、不思議なおばあさんに出会って、お鍋をもらいます。
 お鍋を使う時の約束の言葉を教えられ、家へ帰った女の子は…。

 オートミールのポリッジの説明をしようとしたら、「あ〜おかゆね。」とあっさり息子。
 
 さて、夢のような鍋を手に入れた母子。
 娘の留守に待ちきれず、おかあさんが調理をしたは良いけれど、ここから先は、「うわ〜〜〜〜〜。」でした。
 オートミールの熱い海の中、喜々としてそれぞれの器ですくい上げ食べている村人の様子に、「良かった」と息子。
 このお鍋ひとつで、村人みんなが救われたんですね。
 
 色彩の数を抑えた絵が、また当時のひもじさを良く伝えていました。

「始めより終わりを忘れたら恐いんだな。」とポツリと息子。

 当時の人々の願望の詰まったようなお話でした。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

出版社おすすめ


ポール・ガルドンさんのその他の作品

うさぎとかめ / ふくろのなかにはなにがある? / ひよこのコンコンがとまらない / やぎのブッキラボー3きょうだい / いたずらこねこ / さるとわに

晴海 耕平さんのその他の作品

三びきのごきげんなライオン / ちいさなおんどり / うちのこみませんでした? / ブレーメンのおんがくたい / アルどこにいるの? / ノックメニーの丘の巨人とおかみさん



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

まほうのなべ

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット