新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

ぼくのきいろいバス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのきいろいバス

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年11月
ISBN: 9784052029523

幼児〜小学生

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

太陽から生まれたきいろいバス。切符のかわりに「おはよう」とあいさつをすると、きいろいバスはぼくを乗せて走り始めました! 朝ごはんのしたくをしている町をすぎ、広場で降りたぼくは…。はじめてひとりでバスに乗る少年のわきたつ気持ちを描いた一冊。

ベストレビュー

独特の絵

この絵が何ともいえず
引き込まれてしまいます。
細部までかかれていてみているだけで
とっても楽しめます。

文章も短いので小さいお子さんでも
充分楽しめると思います。

夢と現実をフラフラしている様子も
わかるので楽しいです。
(たみのかさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > ぼくのきいろいバス

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

ぼくのきいろいバス

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット