ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
白鳥湖
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白鳥湖

作: マーク・ヘルプリン
絵: クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳: 村上 春樹
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥2,427 +税

「白鳥湖」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

追いつめられた皇子とみなし児の王女は、断崖から風の中に身を投じた――。バレエ「白鳥の湖」に想をえた新しい古典。光彩を放つイラストがバレーにはない微妙な陰影を添える。

ベストレビュー

児童文学という名の舞台鑑賞

久々に読み応えのある児童書に巡り合いました。
バレエ「白鳥の湖」を原典にマーク・ヘルプリンが新たに作り上げた作品です。

山奥に住む老人が一緒に暮らす少女に老人の過去を話して聞かせます。
何故、自分が今、ここにいるのか、少女の両親はどこにいるのか。

王子ゆえの環境と苦悩・オデット姫の両親の悲劇等、バレエの舞台からは受け取ることの出来ない、奥行きの深い物語です。

村上春樹さんの訳は語彙・修飾語が多く、読み始めはその表現を頭の中で再現するのに苦労しましたが、オールズバーグの繊細にしてダイナミックな挿絵の助けを借り、読み進むうちにぐいぐいのその世界へ引き込まれます。

大人でも充分堪能できる、芸術的児童文学です。
(たれ耳ウサギさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子14歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

クリス・ヴァン・オールズバーグさんのその他の作品

ナイアガラの女王 / ハリス・バーディックの謎 / さあ、犬になるんだ! / 魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園 / 2ひきのいけないアリ / 急行「北極号」

村上 春樹さんのその他の作品

図書館奇譚 / おおきな木 / 汚点・春は夜汽車の窓から / ポテト・スープが大好きな猫 / ふしぎな図書館 / いまいましい石



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

白鳥湖

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット