もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小さめサイズが可愛い♪「おおきなかぶ」など絵本柄のおつかいバッグ、新登場です!
モグといたずらぎつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

モグといたずらぎつね

作・絵: ジュディス・カー
訳: 斎藤 倫子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「モグといたずらぎつね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784751525104

小学校低学年

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある日のこと。夕ごはんに大好きなタマゴをもらえなかったモグは、怒って雪の積もる庭に飛びだしました。しかしそこへキツネの親子が現れて…。モグ中毒者続出。大人気シリーズの第3弾です。

ベストレビュー

モグは幸せですね♪

『わすれんぼうのねこモグ』ですっかりモグファンになってしまった私と息子くん。
なのでモグの新刊ということで、モグに会える!と大喜びな我が家でした。

今回のモグは、夕ごはんに大好きなたまごをもらえなかったことに怒って、
雪のつもる庭へ飛び出していくところからお話が始まります。

これまで読んだ『わすれんぼうねこモグ』と『モグのクリスマス』に比べ、
今回のモグはモグの天然の良さが際立っていなかったかなあ・・・
それよりもマイペースなモグを暖かく迎えるデビーとニッキーの姿が微笑ましく、
心が温かくなる感じでした。
モグって幸せもん!
そんなことを感じる絵本でした。

(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クララ
    クララ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    今からおよそ300年前、ヨーロッパを旅したサイのはなし。実話をもとに描かれた感動の一冊。

ジュディス・カーさんのその他の作品

ワニくんとパーティーにいったんだ / ねこのモグとかぞくたち / いつも ふたりで / モグとうさポン / モグ そらをとぶ / モグのクリスマス

斎藤 倫子さんのその他の作品

ダーウィンと旅して / ソフィー・スコットの南極日記 / サースキの笛がきこえる / わすれんぼうのねこモグ / 赤いカヌーにのって / スクーターでジャンプ!



まめつぶみたいな男の子のお話『まめまめくん』 翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

モグといたずらぎつね

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット