あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
森の大あくま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森の大あくま

作: 二宮 由紀子
絵: あべ 弘士
出版社: 毎日新聞社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「森の大あくま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

間抜けな悪魔のお話

深い深い森の奥に住んでいる、おそろしい大あくま。
毎日毎日、どうやったら人間の子を皆殺しにできるだろうかとか、そんな恐ろしい事ばかり考えています。
でもある日、
「もうこんな恐ろしいことばかり考えるのはやめよう」と思い立ち、家の周りにチューリップを植える事を思いつき、用意し始めます・・。

話の内容は難しいものではないので、幼稚園生からでも読んであげられると思いますが、文章量もページ数も多いので、サッと読んであげるとはいかないかもしれません。
でも、間抜けな大あくまの間抜けなお話は、小さな子から小学生まで喜んで聞いてくれると思います。

大あくまの父親の名前や、大あくまが変身を繰り返す場面など、繰り返しの馬鹿馬鹿しさが、『笑いのお約束』みたいな感じで笑えます。
(ちょし★さん 30代・ママ 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


二宮 由紀子さんのその他の作品

ふって!ふって!バニー / みんなともだち / うふふ / しろくまくんどこにいく? / どうぶつえんはおおさわぎ / スリスリとパッパ

あべ 弘士さんのその他の作品

わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ / 完全版 あらしのよるに / コロッケくんのぼうけん



寝かしつけに最適な水中絵本

森の大あくま

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット