なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
ぞうのボタン─字のない絵本─
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぞうのボタン─字のない絵本─

  • 絵本
作・絵: うえののりこ
出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぞうのボタン─字のない絵本─」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1975年03月
ISBN: 9784572002068

幼児から
203×210mm・32p

4〜5歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

おはなし

字のない絵本です。
ぞうのおなかにボタンが4つ。なんでしょう? ボタンを開けて、中からうまがでてきます。
うまのおなかにもボタンが・・・今度は中からライオンが出てきます。 ライオンのおなかにもボタンが・・・次々と動物たちが出てきます。
そして最後にネズミから出てきたのは・・・?

みどころ

おなかにボタンがついていて、中から別の動物が出てくる・・・なんという発想でしょうか。この衝撃的な展開には文字も色も背景も必要ありません。
中から出てくるわけですから、だんだん動物は小さくなってゆくのですが、最後に意外な展開が待っています。
文字がありませんから、親としては自分の言葉で子供と会話しながら本を楽しむことが出来ます。

出版社からの紹介

ぞうがいます。おなかにボタンを4つつけています。
そのボタンをはずすと、中から出てきたのは…? 
次から次へと動物が登場する楽しい絵本。
文字がないことで、逆に子どもたちの想像力が大きく広がります。
ぞうのボタン

ベストレビュー

あくまで無言で紹介するのも「手」

絵を見れば、「ねずみくんのチョッキ」のうえのさんの作品だとわかります。
副題に「字のない絵本」とあるように、字は全く書いてありません。
全て絵で表現されている「ナンセンス絵本」です。
ボタンをはずし、次々に上の皮(?もしくはスーツ?)を脱いでいく「元・『ゾウ』の形をしたなにか」。

これはいったいなんなんでしょうかねぇ?
想像するのは楽しいです。

そして、ねずみまで小さくなった後に出てくるのが、また『ゾウ』というところがうえのさんの作品の面白さを感じました。
参加型にして、いろいろおしゃべりしながらこの本を紹介するのも楽しそうですが、
お話会で使う時、あくまでも無言で“間”だけをとって、ページをめくっていくのも楽しいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

ぞうのボタン─字のない絵本─

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット