もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
カロリーヌ カナダへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カロリーヌ カナダへいく

  • 絵本
作・絵: ピエール・プロブスト
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カロリーヌ カナダへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784892387074

26×19cm 27頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はるばるカナダへとやってきたカロリーヌ。
目的は、ひいおじいさんのいとこが建てた丸太小屋を探すこと。
でも、なかなか手がかりが見つからなくて…。
ゆかいな8ひきがまたもや騒動を巻きおこします!

ベストレビュー

カナダ旅行をしている気分♪

カロリーヌたちは、遠縁のおじいさんの写真を手がかりに、一軒の丸太小屋を探しにカナダへ出かけます。

かんじき体験から始まり、カヌーの川下り、川の上の材木運び、ビーバーたちのおうち、メープルシロップの楽しみ方…
カナダに行ったことはありませんが、カナダの魅力がたくさん詰まっているように感じます。
 
個人的に好きなのは、原住民の女の子に耳の毛を三つ編みにしてもらっているユピーの絵です(笑)
ストーリーもいいですし絵も伸びやかで、シリーズ中特にお気に入りの1冊です。
(molanさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ピエール・プロブストさんのその他の作品

カロリーヌ えいがを とる / カロリーヌは ベビーシッター / カロリーヌとネスこのゆうれい / カロリーヌとまほうのやさい / カロリーヌはめいコーチ / プフとノワロー ゆきやまへいく

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

カロリーヌ カナダへいく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット