バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
どんなもよう? ぼくのかんがえたきょうりゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どんなもよう? ぼくのかんがえたきょうりゅう

作・絵: じびきなおこ
出版社: 汐文社

本体価格: ¥1,500 +税

「どんなもよう? ぼくのかんがえたきょうりゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784811374130

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

カメレオンみたいな葉っぱの色

主人公が恐竜の絵を描こうと思って博物館へ行ったけど骨しかなかったので、恐竜の色はどんなんだったろうと想像します。ピンク色の恐竜、魚みたいに鱗がある恐竜、ふわふわの毛が生えている恐竜、カメレオンみたいな葉っぱの色に化ける恐竜、ママのワンピースの花模様の恐竜、
食べ物の模様の恐竜、虹色の恐竜と色々と想像して想像力豊だなあって思いました。私は、カメレオンみたいな葉っぱの色に化ける恐竜がいいなあって思いました。「恐竜ってきっと凄くお洒落で派手好きだったんだね!」が印象に残りました。お洒落って幾つになっても楽しみたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

どんなもよう? ぼくのかんがえたきょうりゅう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット