くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
きみの家にも牛がいる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみの家にも牛がいる

作: 小森 香折
絵: 中川洋典
出版社: リブロポート

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きみの家にも牛がいる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784759221398

小学校中学年〜

出版社からの紹介

牛は、人が食べるために屠畜される。でも、食べるだけじゃない。 意外なものまで牛を材料に作られ、私たちの生活を支えている。どのように屠畜・解体され、どんなものに加工されるかを表した、初めての絵本。

ベストレビュー

食育にも最適

こんなに身の回りに牛からできた製品があったのか、と驚いた。

動物の肉や加工品は私たちの暮らしに欠くことのできないもの。
でも、魚の加工や卸の様子は見ることがあっても、肉製品についてはほとんどブラックボックスになっている。
「お肉はスーパーでパックに入って売っている」ではなく、それが手元にどうやって届いているのか、その過程を子どもたちにも知っていて欲しい。
その道筋を自然に描いている点で、この絵本はとてもいいなあ、と思う。

絵はきちんと描かれておりわかりやすいが、生々しくない。
誰もがしっくりと受け止めることができる良作。

食育とからめての紹介にも良いし、読み聞かせにも適している。
小学校高学年から大人まで。
(ちひろ。さん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小森 香折さんのその他の作品

夢とき師ファナ / ヘンゼルとグレーテル / リスベート・ツヴェルガーの聖書物語 / 源氏、絵あわせ、貝あわせ / あやしい妖怪はかせ / 時知らずの庭

中川洋典さんのその他の作品

イチからつくる カレーライス / あつくて あつくて / だから走るんだ / そらからかいじゅうがふってきた / デデとひこうき / きいてるかい オルタ



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

きみの家にも牛がいる

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット