くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぶたぬきくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぶたぬきくん

作: 斉藤 洋
絵: 森田 みちよ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784333018680

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

のん気すぎるぶたの生活に嫌気がさしたぶたぬきくん。ある日、農場でアヤしいぶたを発見すると、そっと後をつけていきます。アヤしいぶたの正体とは? そして、ぶたぬきくんの名前の由来とは?

ベストレビュー

農場のぶただったんだね!

絵本の「ぶたぬきくん」シリーズを読んだことのある私は、ぶたぬきくんのことを今一理解してなかったのですが、この童話を読んで納得できました(笑)農場で暮らすぶたぬきくんは、ごく普通のぶただったのですね。のんびりだらだら暮らすぶたを見てこれではいけないと思ってしまうなんて、私には考えれないなあ(笑)好奇心旺盛なところは、好感が持てました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ナツカのおばけ事件簿 (16) 図書館の怪談 / 西遊記(12) 珠の巻 / おやすみなさいの おともだち / ふしぎなどうぶつランド / ふしぎな のりものずかん

森田 みちよさんのその他の作品

きんたろうちゃん / オイレ夫人の深夜画廊 / 現代落語おもしろ七席 / K町の奇妙なおとなたち / つたえよう・言葉と気もち / あやかしファンタジア



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

ぶたぬきくん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット