庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
きみにあえて よかった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみにあえて よかった

  • 絵本
作: エリザベス・デール
絵: フレデリック・ジュース
訳: 小川 仁央
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784566003798

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

スクランピイはベンの犬だ。いちばんの友だちなんだ。どこへいくにもいっしょ。ある日スクランピイが死んだ。スクランピイとの思いでが、ベンを悲しませた。そしてある日…。愛するものの死をやっとのりこえる少年の姿を、温かくさわやかに描く。

ベストレビュー

心を癒す手助けに・・・

この本との出会いは、私の友人が、15年共に過ごした猫が亡くなりずっとふさぎ込んでいた時でした。家族や友達が、いくら声を掛けてもなかなか元気にならい状態でした。本屋でふと目に留まり読んで、これならもしかしてと思い友人に送りました。一月ぐらいたってから電話がきました。その時、友人が話をした内容です。「ベンと自分が重なり何度も何度も読んだ。親や皆は、早く元気になりなさい。何時までも悲しんで泣いていてはいけないよだったけど、ベンのお母さんが泣いてあげなさいと言ったと書いてあるところを読むと気持が楽になれた。ベンが愛犬と出会えて本当に幸せだったと心から思った時、私は、時間がかかるなあと思い読み返してるうちにベンと一緒で思い出が辛くなくなった。自分と同じ思いをした人がいるんだと思うだけで重たい気持が軽くなれた。」ペットを亡くされた時に心の悲しみが癒されるまでの時間は人ぞれぞれだと思いますがその時間が少しでも短くなる手助けになるかと思います。
(ぷちどりーむさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小川 仁央さんのその他の作品

おじいちゃんのゆめのしま / ぼくらはいつもいっしょだよ / ポップアップ どんなにきみがすきだかあててごらん / ようせいアリス / いいこだ、ファーガス! / さいこうのいちにち



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

きみにあえて よかった

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット